中学受験に向けての「塾選び」

小学生が学習塾に通う理由は、いくつかあります。 苦手教科を克服するため、今の学力を保つため、予習のため。 そして、中学受験のため。 小学校入学時から中学受験を意識している方もいらっしゃいますが やはり、小4から本格的に...というご家庭が多いようです。 中学受験に必要な学力は、小学校の授業だけで補うことができません。 中学受験の試験問題は、小学校の授業内容から外れていることが多いからです。 お子様の一生を左右するかもしれない「塾選び」 実際は、どのようなことが重要視されているのでしょうか。 進学塾のパンフレット等をみていると、 小学生でも通いやすい校舎、実績、費用など、比較するポイントはいくつかありますが、 一番大切なことは、受験するお子様だけでなく、保護者との「相性」ではないでしょうか。 お子様の個性を理解して、お子様にふさわしい中学校を一緒に選べる講師。 ご家庭の考えを理解して、保護者とコミュニケーションのとれる講師。 そのような講師と出会えることが、中学受験に成功したご家庭の共通点かもしれません。 そして、たとえ第一志望の中学校に入学できなかったとしても、 中学受験を通して、保護者以外の大人が一緒に乗り越えてくれた...ということが、 その後のお子様の自信につながっているようにみえるのです。 中学入試で合格するために※中学入試の対策CU06参考サイトはこちらです。