飲み会に行くお金が無くてキャッシングを利用した奧村(仮名)さんの体験談

高校時代の友人から「来週、東京に行っていた級友が出張で帰ってくるから飲み会を開くので来ないか。」と電話で誘われ、私は予定をよくよく確認しないまま行くと答えてしまいました。
ところが、予定表を見るとその前日には彼女とデートを組んでいた上に、デートに行くと飲み会のお金が足らなくなります。
折悪しく、給料日まではしばらく間があります。
困ったなと頭を抱えた私がふと視線を向けた先にあった雑誌にはキャッシングの広告が載っていました。
しかし、公務員という立場の私はキャッシングを使うことに一瞬抵抗を感じましたが、このままでは友人と恋人のどちらかに迷惑を掛けてしまうと考え、キャッシングを利用してお金を工面することにしました。
雑誌の広告に載っていた電話番号に連絡をいれ、融資の申し込みをするとすんなりと通りました。
そして私はキャッシングを利用し、飲み会のお金を工面したのです。
キャッシングの詳細は→専業主婦でも借りられるカードローンに詳しく紹介中です。
おかげさまで彼女のデートも無事成功し、翌日、級友とも再会してみんなで楽しく大騒ぎをしました。